So-net無料ブログ作成
閑話休題 ブログトップ
前の10件 | -

興が乗ったので [閑話休題]


esc02.jpgとりあえずパーツが揃うまでは作ってしまおう、ってんで
今回はホバートラックは完全にストップしてしまいました。

この特徴的な肩が出てしまっては名前を隠す必要もないですが
せっかくなので今しばらく伏せておきましょうか。

頭部と「首」まわりが今回のハイライトでもあるので
ポシャったらそのままトンズラします。

ロック機構とかまだ考えてないので腕がダラっと下がってますが、
下腕は少し短くした方がよさそうです。

無理にやる必要もない、ってコトで手首の差し替えは決定してるので
差し替え変形前提なんですが、伸びる骨は短いバージョン作る前に
esc03.jpg1回折り畳みを試してみたいと思ってます。

パーツ自体が移動レールになっていて塗装ハゲ必至なので、
それっぽい色のランナー探して素材にしました。

篭手パーツの裏から枠に熱で押し当ててシステムインジェクション
の真似事なんかをしてみたり。

クリアパーツにUVレジンを使ってみたいとも思ってるんですが。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

また雪が降ったので [閑話休題]


ESC01.jpgホバートラックの表面処理が始まってしまったので、何か
雑談のネタになれば、とホットナイフを握ってしまいました…。

可変トイが経年劣化で壊れてしまったので、ただ直すのよりも
いっそ切り刻んでしまおうと思ったんですが、文字通り
ダイキャストに「刃」が立ちませんでした。

冬場のダイキャストは冷たさが一層身に沁みますね…。

じゃあ1から作ってやンよ…!とムキになってハッと気づいたら
こんなのが出来あがってました。

キットを組む時もですが、私は脚から作っていきます。
ちょっとミスリードするような写真にしたかったので寝かせて撮りましたが
某社のキット版を組んだ人ならこの時点でもすぐ分かっちゃうかもですね。

今までは何かのキットを生け贄にして駆動フレームを流用してましたが、
今回は作ったガワに関節や可変ギミックを仕込んでます。

個人的には初のフルスクラッチって感じです。
まぁ、目の前に見本となるトイがあるのでカンタンなんですが。

コレを3Dプリンターで出力するならどうすればいいんだろ?と悩むぐらい
私にはホットナイフ製作が合ってるのかも、なんて思ったり。

あ、ホバートラック全然進んでないや…。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホビーショー [閑話休題]


11.jpg今後使うかどうか分かりませんが、基部を見せるタイプの
先細りなバーニアを数種類用意しておきたいと思って
試しに型とって複製して遊んでました。

 ガリアンで使うにはデカすぎたり、私の環境ではうまく型が
抜けなかったりで、結局隠す方向にしてしまいましたが、

SICスカイゼルのバーニアとか使えそうな感じですが、
探せば世の中にはもっとイイのがありそうですね。

あとゴーグに使う青を調色したりしてましたが、ホビーショーで
WAVEが発表した2連装水抜きのコンプレッサーを見て
「それ、今、私がお宅の317でやってるコトじゃん…」とツッコんだり。

日邦産業が発表したほぼ振動の無いコンプレッサーにも注目してますが。


ファインモールド 1/72 F-14D [閑話休題]


f14_98.jpg結論としてこの季節にわざわざ塗装することはないというコトで、
ファインモールドのF-14Dちょっとだけ組んでみました。

モデルグラフィックス誌上ではアフターパーツもファイン製を
使わざるを得ないでしょうけど、アイリスのコクピット持ってれば
サイドの計器類を拝借して貼ってみても良さそうですね。

ハセガワ1/48に比べたらあっという間に組み上がりそうですね。

悪評の高い主脚庫のパーツ、私もくの字に曲げてくの字に接着
f14_99.jpgなどと分かりづらい説明しちゃって「図面入れるべきだった…」と
反省してたんですが、このキットを見れば分かってもらえるかと。

あ、やっぱり正しかったんだ!と今さらながら喜んでみたり。

後席の操作桿を弾き飛ばして紛失してたんですが、見つかって
ホント良かったです。(泣)

仕事中なんで仕事します…。(汗)


F-14 [閑話休題]


ようやくダークソウル2の1周目をクリアしました。
…というワケで作業的には多少表面処理が進んだ程度です…。

塗装プランを少しづつ考え始めてるんですが、水汚れ+青サビかコケっぽい
緑系の汚しもアリかなー、なんて思ってます。

ホビーショーがそろそろ始まりますが、あまり各社の新製品がパッとしない印象です。

 そんな中で光ってるのがモデルグラフィックス付録のマガジンキット
ファインモールド製1/72 F-14で、とりあえず1個はゲットしようと予約しました。

3号連続に武器と、けっこうな値段になるのがネックですが、まぁ、お布施ですかね…。


謹賀新年 [閑話休題]


jizai.jpg明けましておめでとうございます。
今年もまったりとお付き合いよろしくお願いします。

未年ですが、タケヤ式自在置物の麒麟を撮ってみました。

色に関しては不満あるならリペイントすればいい、ぐらいに
思ってますが、リボ球の調節しないと脚がゼンゼン動かない
のには少しビックリしました。(笑)

ブリアレオスには塗料ブチまけてしまった跡がそのまま残って
ますが、お気に入りの一品です。

27.jpg年末にお仕事入ったのでほぼ何もしてませんが、ゴーグの胸に
マークがあるのを忘れてたので彫り込みました。
ちびっとズレてるし、歪んでますね…。 

ココにきてようやく成型色が赤なのが役立ちましたかね。
紅白のネオファムカラーしたゴーグ、新鮮で好きでしたが
そろそろ見納めです。

それじゃプラモ初めにレッドミラージュ組みますかね。



テンプレート [閑話休題]


tenp01.jpgというワケでテンプレート作ってみました。
クリアファイルの外側を一部切り取って試作です。

肋骨定規に傷がつくのがイヤだったので、結局ハセガワの
曲線定規ツールで切るという本末転倒なコトに。(笑)

戦闘機の曲面ぐらいならトライツールで十分ですが、
巻き付けられるほどの柔軟性が個人的に好みです。

全然関係ないんですが、折り畳み自転車の前輪による泥ハネ
対策にゴムのフラップ付けたかったんですが、どこのお店にも
tenp02.jpg単品では置いてなかったので自分で作ってみるコトに。

100均で買ってきたシリコン製のレンジマットが思ったより
薄かったので、こちらもお試し暫定版です。

で、テンプレートの使用例がコチラです→
さて、彫りますかー。


ボックスアート [閑話休題]


今週は自分のお仕事してたのでプラモいじってませんが、suzuki.jpg
ビックバイパーが半額だったので衝動買いというかジャケ買い。

というワケで、ウチの鈴木康士コレクションです。
あとジェフティのプラモがありますが。

三輪士郎さんといい、オシャレ絵描く人の漫画ってこうなるなー、
っていう典型的なアーティスト肌の人ですね。

イラストの仕事してる模型好きとしてはボックスアートは
永遠の憧れですね。


MGガンダムver.3.0 [閑話休題]


ver3.jpg掲示板でもカキましたが、個人的にver3.0で1番のポイントだと
思っている肩関節を軽くレビューします。

背中のボールジョイントでOYW版の縦ロールとスイングをこなす
パーツ総数2個(公平を期すならポリキャップを入れて3個)の
極めてシンプルな構成となっております。

ver2.0が細かいパーツを含む6個なのに比べると格段に
組みやすくなってる上に、より自然に肩を前に入れられます。

ver3B.jpgさらに肩装甲に自由度を持たせ、胸の上に乗せられるようにして
安彦風の胸に食い込む腕を再現できるようになってます。

そのかわり、肩装甲が少々ブラブラしますが、将来的には
ザクの肩みたいなボールジョイント接続になるんでしょうかね…。

LEDユニットを組み込むスペースを確保するための苦肉の策
なワケですが、「必要は発明の母」とはよく言ったモノです。

この肩関節さえ移植してしまえばver3.0いらない…ってか、
ガラットに応用してたら頭の収納問題は起こらなかったかと…。

ver3C.jpgう一つ感心したのが手です。
連邦MS共通マニピュレーターを見事な解釈で折り曲げて
よりヒトに近い動きができるようになりました。

コブシを握り込んだ時にちょっと指の付け根にガラ空きな空間が
できてしまいますが、致し方なし、でしょうか。

ついでなので、ボークスの1/48震電も軽くレビューを。
素晴らしいキットですが、少々デリケートです。
パーツによってはバリなのかディティールなのか迷う部分も。

shin.jpg装甲の分割が違うので、1/32のようにパネル外せばエンジン
が見えるようにするのは難しく、最初からフレームや内部を
楽しむカットモデルと割りきって組むのがよさそうです。

着せ替えを楽しみたい人は少し大きいかな、と思っても1/32を
購入するコトをオススメします。

今はなかなか入手困難かもしれませんが…。


閑話休題 [閑話休題]


vf-1_01.jpg仕事中につき、VF-1を軽くレビュー。
全体としての素性は悪くないんですが、各パーツごとの不満が積み重なって
総合的に低評価になってるな、という感じです。

これはこういうモノ、と割り切れば急にいいキットに見えてくるから不思議。
不満なのはキャノピーカバーのスライドレールが首周りの見た目を悪くして
る点ですが、バンダイも色の違いでゴマカすという大技を使用してます。

実はハセガワのキット使って簡易変形に挑戦してました。
試作状態ですが、ロックや細かい部分を度外視すればこのまま組んで
完成、というトコロまでいってたんですが、なぜか放置してありますね…。

なんで腕を太くしてるんだろ?と思ったら拳のスライド収納のギミックが 
入ってました。vf-1_02.jpg

自分がどんな工作をしたのか忘れてるホドの放置っぷりですが、
なんか懐かしいですね。

うーん、なんか完成させたくなってきました。


前の10件 | - 閑話休題 ブログトップ